RedStoneChips

RedStoneChips

リンク



デジタル時計



機械部分

hour

  • 上から見た図
  • 金や鉄ブロックの上に砂岩を置く位置、レッドストーンやレバーの位置は動画を参考にしてください。
◆(鉄)◇(金)■(砂岩など)┃(レッドストーンやレバー)

       ◇ ■ ◆
  ◆━ ┃
       ◆
       ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 
       ┃ ┃ ┃ ┃ ┃
       ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
       ◇ ◇ ◇ ◇ ◇    ◇ ◇ ◇
 ◆━ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ◇ ┃ ┃ ┃
       ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃
       ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃
 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  • 1段目■
clock
800
  • 2段目◆の上の■
transmitter
t-clook
  • 4段目◇左端の上の■
daytime
gametime
hour
  • 7段目◇左端の上の■
dclock
gametime
tfhour
  • 8段目◆の上の■
transmitter
h-clook
  • 8段目◇の上の■
receiver
h-clook
  • 11段目◇左端の上の■
segdriver
  • 11段目◇右から7個目の上の■
segdriver
blankpin
  • 14段目■
transmitter
h-a
h-aはa-gとht-aをa-g書く

MINUTE

  • 次にMINUTE部分を作る
  • 看板のコマンドが少し違うだけでブロックの設置はほぼ一所

  • 1段目鉄ブロックを無くし■に
receiver
t-clook
  • 4段目◇左端の上の■
daytime
gametime
minute
  • 7段目◇左端の上の■
dclock
gametime
  • 8段目◆の上の■
transmitter
m-clook
  • 8段目◇の上の■
receiver
m-clook
  • 11段目◇左端の上の■
segdriver
  • 11段目◇右から7個目の上の■
segdriver
  • 14段目■
transmitter
m-a
hをmにして後は一所

デスプレイ

pixel
collar
h-a

collarはオンとオフの色を2個書く間にスペースを入れる
0 White
1 Orange
2 Magenta
3 Light_blue
4 Yellow
5 Lime
6 Pink
7 Gray
8 Silver
9 Cyan
10 Purple
11 Blue
12 Brown
13 Green
14 Red
15 Black
h-aはa-gとht-aをa-g書く


woolを任意の数字の形に設置し裏にラピスブロックをつけるラピスブロックに接地したwoolと隣のwoolにしか情報を送れないので4個以上woolを使うときは情報が伝わるよう考えてラピスブロックを設置し砂岩等でつなぐ。
ラピスブロックに砂岩等を設置して上のコマンドを書く

 a
 b  f
  g
 c  e
  d

羊毛染色機

製作者のraimuさんから許可がもらえたので簡単な設計図を書きます。

設計図


◆(鉄)◇(金)■(砂岩など)

機械部分

  • 1.横からの図
右左上の■はつながると混線します、スペース的にきついなら違うブロックを使ったら対処できます

  ■
  ◇レ
■◆パパパ◆■

これを4セット間を2ブロック開けて設置■は間もつなげる
機械部1.jpg
 
  • 2.横からの図
1から2ブロック開けて設置■は間もつなげる

  ■
    
■◆   ◆■
 
  • 3.横からの図
2のとなりに設置、パウダーは鉄ブロックにつなげる
看板は■のブロックに左右同じコマンドを書く
pixel

  ■■
   ■
看パ ◆ パ看


機械部2.jpg
 
  • 4.横からの図
3のとなりに端っこのパウダーをつなげる
看板は3の2段目のブロックに
counter
15
    看
 パパパ パ 
 
  • 5.横からの図
レバーは4の看板の下とその右のパウダーの位置に来るように
看板は6の■ブロックに
左の看板
receiver
staining
右の看板
receiver
selection

  看レ レ看

 
  • 6.横からの図

■◇ ◇■


染色部分


機械部3.jpg

  • 7.
1の左端の■に接続して延ばしてきたブロックの先にラピスブロック、羊毛の順につける
■が情報を伝達する回線の役割をする

 
  • 8.横からの図
7のウールの側にスイッチをつける
スイッチからパスターを使って鉄ブロックにつなげる

スパパパ◆■
■ブロックに看板をつけ
transmitter
selection

スイッチ(ボタン)が本体
 
  • 9.横からの図

機械部4.jpg

1の右端の■に接続して延ばしてきたブロックの先にラピスブロックをつける
染色部分になります
ラピスブロックの横、斜め1ブロックに置いた羊毛が染色されます
 
  • 10.横からの図
染色部分の側にレバーをつけてパスターを使って鉄ブロックにつなげる
レパパパ◆■
transmitter
staining

レバーが色見本

使い方

スイッチを押すと7の羊毛の色が変わります
お好みの色になったらレバーを動かすと9の羊毛が染まります

羊毛染色機.jpg

補足

6のブロックに乗って1の方向を見ているとしての左右です

*簡易染色機 [#gd275326]
単色の羊毛を量産したいときなどように
ブロックを並べます、ブロックの上にラピスブロックを間2コあけて設置します。
ブロックの端に鉄ブロックを置いてレバーを取り付け、鉄ブロックのとなりのブロックに看板でコマンドを書きます。色の名前は上のほうにある表を参照

''pixel''
''[色の名前]''

簡易染色機.jpg









  • 最終更新:2011-12-20 23:34:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード